第0回アーサー・ペンドラゴン アレンジされ過ぎアーサー王

  

 

凛さん
じゃあ最初に紹介するのはアーサー王こと、アルトリア・ペンドラゴンです
玉藻ちゃん
誰もが認めるfateの顔、アルトリアさんですね。fateでセイバーといえば彼女のことをさすほどで、しばしばFate GOから入ったプレイヤーとの間で勘違いが生じるほどです
凛さん
前置きはこれくらいにして、今回は第0回目の特別ゲストとして実際に登場してもらいましょう
玉藻ちゃん
うぇるかむ、アルトリアさん、かもーん!

アルトリアたん
はい。ご紹介にあずかり参上しました。アルトリア、ペンドラゴンです

凛さん
よろしく、と言っても私のことはよく知っているわね
アルトリアたん
ええ、もちろん。凛だけでなく、タマモの事も聞き及んでいますよ
玉藻ちゃん
初めまして〜、玉緒ちゃんで〜す。制服姿かわいいですね、お揃いですよ

アルトリアたん
ところで気になったのですが、私が最初に紹介されるサーヴァントというのは聞いていましたが、第1回目ではなく第0回目というのは、どういう事ですか?
凛さん
それについては、アーサー王の解説の時に、説明させてもらうわ。じゃあ、はじめましょっか
凛さん
アーサー王が活躍したとされるのは、6世紀の初め頃のブリテン、今のイギリスです。時はゲルマン民族大移動の真っ只中。不滅のはずのローマ帝国はブリテンから去り、危機的状況にあったブリテンの民を率いて戦った英雄が、アーサー王とされているわ。この地図を見ればわかるけど、なかなかカオスな状態ね

玉藻ちゃん
西ローマ帝国内にいろんな国が・・・日本の戦国時代みたいなものですか?

凛さん
敵は異民族だから、もっとたちが悪いわね。アーサー王は、ブリテンに幾度となく襲来して来たサクソン人を撃退し、さらにブリテンからアイルランド、アイスランド、フランスからノルウェーまでにまたがる大帝国を建設したとされているわ。〝王の中の王〟と呼ばれる所以ね
玉藻ちゃん
ほえー、やっぱり強かったんですねえ
アルトリアたん
それほどでも・・・ところで凛。先ほどから語尾に『された』という表記が多いのは、気のせいですか?
凛さん
鋭いところを突いてくるわね。実は、アーサー王については、実際のところどんな人物かわかっていないの。それどころか、実在したかどうかもわからないのよ
玉藻ちゃん
そうなんですか?
凛さん
実際、高い文明を誇ったローマ帝国が滅んで、蛮族であるゲルマン人の王国が乱立していた世紀末的な世界だからね。ロクな記録が残っていないのよ
アルトリアたん
そんな・・・あの苦労が、全く後世に伝わっていないなんて
凛さん
全くという訳では無いわ。口頭での伝承という形で伝わっていたわけだし、試験では文化史としてでる可能性はあるわ。そういう理由もあって、アーサー王を第0回という扱いにしたのよ
アルトリアたん
くっ・・・無念です
玉藻ちゃん
そんな暗い顔、アルトリアさんには似合いませんよ〜。美味しいおはぎがあるんですよ、ささどう
アルトリアたん
いただきます。うん、これはうまい!
凛さん
正式な記録が残っていない代わりに、後世の作家たちが僅かな伝承をもとに、様々な物語を作り出したわ。記録が不確かな方が、夢は広がる事もあるものね。日本の邪馬台国論争や、本能寺の変の謎みたいなものね

玉藻ちゃん
見えそうで、見えない。だから気になる、夢膨らむ。チラリズムとおんなじ原理ですね
アルトリアたん
もぐもぐ……なんだか少し違う気がしますが……
玉藻ちゃん
細かいことは気にしない。お茶いかがですか?
アルトリアたん
ありがとうございます。ずず、うまい。シロウが入れてくれるお茶と同じくらい、美味しいです
凛さん
そして成立したアーサー王物語には、様々な創作エピソードで彩られています。岩から抜いたものが王になれるという〝選定の剣〟に、妖精から与えられた剣エクスカリバー、地下の楽園アヴァロンに、魔術師マーリン、そして円卓の騎士たち。アーサー王自体が、イスカンダルことアレキサンダー大王の子孫という説まであるわ
玉藻ちゃん
厨二心を刺激するエピソード満載ですねえ
凛さん
その最大のものが、願いが叶うという〝聖杯〟ね。伝説ではキリストの血を受けた杯だとされているけど、fate世界では聖杯の正体は秘匿されてきた第3魔法〝ヘブンズフィール〟という解釈がなされているわ
玉藻ちゃん
原作者である奈須きのこさんも含めて、後世の作家さんたちが、好きなようにアレンジしたり、脚色したりしたんですね
凛さん
ちなみにみんなも知っていると思うけど〝フェイト・プロト〟では、アーサー王は男性だったんだけど、奈須きのこさんの中学以来の親友でキャラデザ担当の武内崇さんが『アーサー王を、女の子にしちゃえば?』の一言で性転換。TYPMOONの最強ヒロインが誕生したわけです
玉藻ちゃん
アレンジも行き着くところまで、行き着いた感がありすねぇ
凛さん
史実では結局、サクソン族によって、ブリテン島は征服されてしまいます

凛さん
上の地図を確認しながら少しだけ世界史の説明をするけど、このゲルマン民族の移動時代で試験に頻出なのは、フランスを拠点にして、のちにフランス、ドイツ、イタリアの元となるフランク王国と、遠くアフリカのチュニジアにまで移動したヴァンダル王国
玉藻ちゃん
ヴァンダル王国の移動距離がハンパないですね
凛さん
ヴァンダル王国は奸計で帝都ローマを略奪したりもしてるわ。結局東ローマ帝国に滅ぼされるんだけど、この辺はあとで説明する予定よ

Fate/Grand Orderでのアルトリアさん

FGOでエクスカリバーを装備するアルトリアと、グラムを装備するリリィ

凛さん
FGOでもアルトリアさんは、星5のレアサーヴァントとして登場します。クラスは当然セイバー。さらに生みの親でもある武内崇さんがアルトリアさんのいろんなクラスの派生型を大量に作ったせいで、現時点でキャスター以外のクラスが揃っていたりします
玉藻ちゃん
すんごい人気ですね〜。筆者さん(ほぼ非課金)も、セイバーのアルトリアさん(通称、青王)を引き当てたんですよね?
凛さん
当てた時は嬉しかったみたいね。ただ、よく言われますが、星5のサーヴァントの中では性能はイマイチで、本編を知らない新参のプレイヤー達からは、ハズレ扱いされており、憤る古参も少なくないとか
玉藻ちゃん
まあ、私たちみたいに、後で登場したさの方が強いのは、ゲームの運営上やむを得ないんですけどね
凛さん
実際fate stay night中でも勝率は高くないから、その意味では原作に忠実と言えなくもないんだけど
アルトリアたん
むう、さっきから二人とも聞き捨てなりません。この剣にかけて、私は最強のサーヴァントです! 断じてハズレなどではありません
凛さん
確かに本来の宝具である鞘さえ返してもらえれば、戦術次第でギルガメッシュにも勝てる最強の存在なんだけど
玉藻ちゃん
鞘さえあれば、本気(本性?)を出した玉藻ちゃんとも、いい勝負ができそうですねぇ
アルトリアたん
くっ、何もかも私に鞘を返さなかったあのマスターが悪いのです。私に本当に3回しか話しかけなかったあのマスターが・・・

玉藻ちゃん
設定の通り、アルトリアさんに令呪使用時にしか話しかけなかったというfate zeroの切嗣さん。著者の虚淵玄さんの筆力にはまさに脱帽です
凛さん
まあそんなに落ち込まないで。stay nightのルートによっては鞘も帰ってくるんだし、人気はぶっちぎりなんだからFGOでもじきに強化されるわよ
玉藻ちゃん
そうですよぉ、気長に待ちましょう。玉藻ちゃんの分のおはぎも、よかったらどうぞ
アルトリアたん
いいのですか? タマモの分なのでしょう?
玉藻ちゃん
いいんですよぉ、お客様なんですから、ささ、召し上がれ
アルトリアたん
かたじけない。もぐもぐ、うん、やはり絶品です
玉藻ちゃん
美味しそうに召し上がるアルトリアさんの笑顔は、やっぱり最高ですね。いやーん素敵!
凛さん
・・・良妻賢母を自認するだけあって、さすがに扱いが上手いわね。やっぱ長年にわたって帝の寵愛を受けてきただけのことはあるわ
アルトリアたん
ん? 凛、何か言いましたか?
凛さん
なんでもないわ。というわけで第0回、アーサー・ペンドラゴンことアルトリアさんの解説でした
玉藻ちゃん
で、次なる第1回目は、誰の紹介をする予定ですか?
凛さん
栄えある第1回目は、古代マケドニアの英雄イスカンダルです
玉藻ちゃん
なんで古代マケドニアからなんですか? 世界史の最初だったらシュメールのギルガメッシュ王とか、凛さんに憑依しているイシュタル神とかじゃないんですか?
凛さん
理由は、ギリシャ・マケドニア時代は試験では結構頻出だからよ。文献がしっかり残っているので、試験問題を作りやすいの。文献が残っている時代を中心に出題すると、どうしても近現代に偏ってしまうからね。バランスをとりたい出題者側としては、どうしてもこの時代を出題せざるを得ないのよ
玉藻ちゃん
なるほど、大学としても間違った問題を出題するわけにもいきませんからね
凛さん
しかも、イスカンダルの家庭教師は、「万学の祖」ことアリストテレス。大学の教授(つまり学者)達の、大先生ってわけ。そう考えると、第1回目にこれほどふさわしい人物はいないと思うわ
玉藻ちゃん
アリストテレスさんは、凛さんにとってのシュバインオーグさんみたいなもんですね

 fate世界では、4人しかいない〝魔法使い〟の一人。FGOでは、最高の周回礼装でもある

凛さん
そうだけど・・・その例え、逆にわかりにくくない?
玉藻ちゃん
ここに来る人なら、わかってくれると思いますよ

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です