超絶イケメン(デブ)主人公。ユリウス・シーザー(カエサル)

超絶イケメン主人公(デブ)、三頭政治はドロドロ

玉藻ちゃん
大好評(?)玉藻ちゃんと凛さんと一緒に学ぼう世界史、次に紹介するのはクレオパトラさんの運命の人、あのユリウス・シーザーです
凛さん
「呼び方はシーザー、カエサル、など。あのイスカンダルと同じく様々な呼び名で呼ばれているわ。英雄の証ね。彼の名のカイザーはヨーロッパ世界では〝皇帝〟の意味をも持ちます。間違いなく、世界史で五本の指に入る大英雄ね」
玉藻ちゃん
イスカンダルさんに匹敵するほどの人物という事ですね
凛さん
というわけで、イスカンダルさんと同様、特別ゲストとして登場してもらうことにしました
玉藻ちゃん
きゃー、楽しみですう

「見た、来た、勝った! 待たせたな、私が、ガリウス・ユリウス・カエサルである」

玉藻ちゃん
・・・・・・
凛さん
・・・・・・

カエサル

「ん、どうした二人とも。私の偉大さに、言葉さえ失ったか? それとも惚れさせてしまったかな」

凛さん
あんた、だれよ?
玉藻ちゃん
まるまると太ったおじさまですねえ

カエサル

「だれとは失礼な! 客として呼ばれたカエサルである」

玉藻ちゃん
本当にカエサルさんですか? 残されている彫刻と全然違いますけど

                            ウィキペディアより引用

カエサル

「何を言っておる。比べてよく見てみよ! 彫刻と同じではないか!」

凛さん
・・・無理があるわね
玉藻ちゃん
全身を比較すると、こんな感じになります

凛さん
・・・すごい腹・・・

カエサル

「全身を出すな! 他ならぬ聖杯が呼んだのだから、まごうことない本物だ」

玉藻ちゃん
とりあえず公式の資料を見て確認しますが・・・確かに本物っぽいですねえ
凛さん
なんでこんなにデブなわけ? しかも星3の、非レアサーヴァント
玉藻ちゃん
イスカンダルさんもクレオパトラさんも、星5のレアサーヴァントですもんね。凛さんも玉藻ちゃんも、星5ですけど
凛さん
登場した際は、歴史ファンのプレイヤーたちからも、悲鳴があがったそうね。FGO未プレイだった管理人も、そのニュースだけは知ってたとか
玉藻ちゃん
こんなお腹を見せられたら、そりゃ悲鳴をあげます。カエサルファンの皆さんが、かわいそうです

カエサル

「何をいう。この腹には、愛と希望が詰まっておるのだ。って腹を触るな!」

玉藻ちゃん
プニプニで柔らかいです。玉藻ちゃんは、魂さえイケメンなら、おデブさんも全然オッケーですけど・・・
凛さん
ブ男でも、普通はゲームのために美形化されるんだけどね。女体化されることもあるけど

カエサル

「さっきから失礼な連中だな。星の多さで、その人物の偉大さは測れないだろうに。容姿についても同じだ。男の価値は、外見ではない」

玉藻ちゃん
まあ史実でも元老院に〝ハゲの女たらし〟と呼ばれていた見たいだから、髪の毛があるだけマシかもですねぇ

カエサル

「髪の話はするな! せっかく冠で隠しているのに・・・」

玉藻ちゃん
史実でも冠をもらった時に、「これでハゲを隠せる」と喜んだそうですね

カエサル

「まあ元老院の連中には、少しばかり悪いことをしたからな。〝ハゲの女たらし〟言うくらいは許してやるさ」

凛さん
噂では、元老院の妻の三分の一が、カエサルに寝取られたとか。『カエサルが通るなら、妻を隠せ』という逸話さえあります
玉藻ちゃん
みこーん(驚)、本当にモテたんですねえ。さすがは女神ヴィーナスの末裔と言われるだけのことはあります
凛さん
しかも妖精との間にも子を成したと言います。生まれたのがあの妖精王オベロン。世界史に残る英雄だからね。じゃあ気を取り直して、説明を開始しようか

三頭政治はドッロドロ

凛さん
当時のローマ帝国は、〝内乱の一世紀〟と呼ばれる混乱にありました。平民派のマリウスと、元老院派のスラが互いに私兵を率いて争い、さらにイタリア半島の同盟市はローマ市民権を求めて反乱を起こすという状態でした

玉藻ちゃん
ひどい状態ですねえ
凛さん
マリウスと血縁関係にあった青年カエサルは、スラから逃れるため亡命。スラが死亡した後、ローマに帰還して政治活動を始めます。当時から弁がたつ、有望な若手政治家だったようですが、弁論にさらに磨きをかけるために、キケロの師匠に師事したりしています
玉藻ちゃん
キケロさんは文化史でも出てくる有名人ですね
凛さん
この時カエサルは、エーゲ海で海賊にとらわれてしまいます。身代金を要求されたカエサルは、あろうことか『20タレントでは安すぎる。50タレント要求しろ!』と海賊に突きつけます
玉藻ちゃん
なんてことしてるんですか!

カエサル

「ああ、私の価値としては、少し安すぎだと思って、ついな」

凛さん
しかも海賊に対して臆することなく『私が戻ったら、お前たちを磔にしてやる』と言い放つ始末。実際、釈放された後この海賊を捉え、磔にしたとか
玉藻ちゃん
豪放にして豪胆ですねえ。なんだかイスカンダルさんを思い出します
凛さん
実際カエサルはイスカンダルを理想の人物としていたらしく、仕事でヒスパニアに赴任した際に、イスカンダルの像を目のあたりにして『イスカンダルの年齢に達したのに、自分は何もなし得ていない』と嘆き、一念発起。奥さんの財産を担保に借金をして、昼は民衆の味方、夜は権謀術数の鬼となって出世街道を邁進します

征服王ことイスカンダル

玉藻ちゃん
イスカンダルさんと比較しちゃうあたりが、すでに凡人じゃないですねえ
凛さん
そして有力者であるポンペイウスと、自分に膨大なお金を貸してくれていた資産家のクラッススと共に、元老院に対抗するための三頭政治を始めます。特にポンペイウスは、イスカンダルの遺臣が建国したセレウコス朝を滅亡させた実力者です
玉藻ちゃん
いわゆる第1次三頭政治ですね。2回目はオクタビアヌスさんが行ったものです
凛さん
ちなみに、ポンペイウスの妻と、クラッススの妻の両方と、カエサルさんは関係があったと言われています
玉藻ちゃん
きゃ、やっぱりすごいですね。ドロドロの三頭政治ですね
玉藻ちゃん
前60年に開始ですから、『3人が、群(60)れてドロドロ、三頭政治』ですね
凛さん
続いてガリア(フランス)で反乱が起こったので、軍を率いてガリアの制圧を行います。ここで無類の軍才を発揮し、ガリアを征服します。これで名声を大いに高め、兵士からの信頼を勝ち取ります
玉藻ちゃん
文才もあったみたいで、その時の様子をまとめた〝ガリア戦記〟は、一級の資料とされていますね
凛さん
しかしガリアでのあまりに大きすぎる軍功は、ポンペイウスの警戒心をあおります。クラッススが死亡したこともあり、三頭政治は崩壊。ポンペイウスは宿敵である元老院と手を組み、カエサルにローマ帰還を命じます
玉藻ちゃん
帰還したら殺されちゃいますよね、多分
凛さん
しかし軍を率いてローマに入ることは、反逆になります。死か反逆か、カエサルさんはついに、ローマと戦うことを決めます。部下のローマ兵士たちにとっても、重大な反逆罪にあたりますが、絶大なカリスマ性をもつカエサルは部下の説得に成功します
玉藻ちゃん
有名な〝賽は投げられた〟という名言ですね
凛さん
瞬く間にローマを占領したカエサルに対し、ポンペイウスと元老院たちは、ギリシャで兵を再編。ついにファルサルスの戦いで、両軍は激突します。カエサルはここでも軍才を発揮し、二倍近い兵力のポンペイウス軍を撃破。ポンペイウスはエジプトへと逃れ、そこで殺害されます
玉藻ちゃん
そしてエジプトでクレオパトラさんと運命の出会いをするわけですね。前回やったクレオパトラさんの裸じゅうたんです

カエサル

「その通り。まさか20も年下の小娘が、あんな大胆な行動をするとはな。多くの女を見てきたが、あんな女は初めてだった」

玉藻ちゃん
クレオパトラさんはイスカンダルさんの部下の王朝の女王でもありますからね。ともにイスカンダルさんが作ろうとした大帝国の夢を実現しようと、熱く語り合ったのでしょう。当然、ベッドの上で
凛さん
ポンペイウス派の残党を制圧したカエサルに、もはや敵はいませんでした。最後の総仕上げとして、パルティア遠征を企画します。かつてのイスカンダルが制服した地域の、ほとんどを支配していた大国です
玉藻ちゃん
本当にイスカンダルさんに憧れていたんですね
凛さん
しかし悲劇が襲います。親友だったブルータスらによって、殺害されてしまうのです。生前に「思いがけない死、突然の死こそ望ましい」と述べていたカエサルは、理想どうりの最後を遂げたのでした
玉藻ちゃん
ここからは前回やりましたね。後継者である美青年オクタビアヌスと、美女クレオパトラの、長く激しい戦いが始まります。結果的にはオクタビアヌスさんが勝利するわけですが、このことについてはどう思われますか?

カエサル

「そうだな。オクタビアヌスは病弱な身ながら、大帝国を築くという私の夢を実現し、ローマに平和と繁栄をもたらしてくれた。重責であったはずだが、よくやってくれたと感謝している。だがクレオパトラと息子のカエサリオンには、悪いことをしたとは思うな」

玉藻ちゃん
FGOでもそう言ってましたね。そしてそこが、カエサルさんが星3のサーヴァントに劣化してしまった原因だと玉藻ちゃんは思うのです
凛さん
どういうこと?
玉藻ちゃん
つまり、大帝国を築くという夢は養子のオクタビアヌスさんによって果たされている。カエサルさんの残る望みは、クレオパトラさんとカエサリオンさんの、よき夫、よきパパになることということです。これはこれで素敵な望みですが、星5ほどの強力なサーヴァントである必要はないということです
凛さん
なるほど、つまりパパさん的な希望を持つ面が召喚された、星3のサーヴァントというわけね。じゃあもしカエサルさんが、本来のローマの大英雄として召喚された暁には、文句なしに最強のサーヴァントとして召喚されるってわけね
玉藻ちゃん
もちろんです。さらに特別シナリオが追加されるのも確実でしょう
凛さん
実際、イスカンダルもギルガメッシュも、子供時代と大人時代の二つの姿で召喚されているしね。カエサルにも本来の、強力な姿があるのかもね

カエサル

「そ、そうかなあ。そんな期待されてもなあ。星3の中でも、クーフーリンと並んで一番強いと評判だし・・・・・・」

凛さん
クーフーリンは、星5のバーサーカー・オルタバージョンがあるでしょう?

玉藻ちゃん
オルタニキさんは文句なしに最強の一角ですからねえ
凛さん
やっぱりクラスはイスカンダルさんと同じライダーかな? 作家としても一流で、ガリア戦記は一級の書物でもあるので、キャスターの可能性もあるわね。権謀術数の達人という意味で、アサシンもあるかも。宝具としては〝見た・来た・勝った〟という名言以外にも、〝賽は投げられた〟という名言もありますし、伝説には事欠かないしね
玉藻ちゃん
ブルータス、お前もか! という名言もありますよ。どんな宝具になるのか、想像もつきませんけど
凛さん
他にもそのあまりの強さから、〝ロンギヌスの槍〟を所有していたという逸話さえあるわ。この逸話で召喚されるなら最強クラスのランサーでしょうね

カエサル

「う〜ん、ハードルが上がるなあ・・・」

玉藻ちゃん
夫婦で英雄として召喚されているのは、カエサルさんとクレオパトラさんくらいですしね。その時に備えて、お腹の贅肉も引っ込めておいてくださいね
凛さん
痩せなかったらライザップにぶち込むから、そのつもりでね

 

玉藻ちゃんの年号ゴロ合わせ

第1次三頭政治の開始は前60年ですから、『3人が、群(60)れてドロドロ、三頭政治』ですね

奧さん二人とも、カエサルさんの愛人だったわけですから、もうドッロドロです〜

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です