史上最強のエンガチョ、神の鞭アルテラ

凛さん
続いては、アルテラさんね。教科書にはアッティラとして記載されていることが多いけどね。第二特異点『永続狂気帝国 セプテム』のラスボスとして、一躍有名になった人です
玉藻ちゃん
FGOでも勿論星5のレアサーバントですね
凛さん
やっぱり有名な偉人を中心に説明すると、星5が続くわね
玉藻ちゃん
意図的に、誰かを除外している気がしますが・・・

凛さん
いいのよあんなデブ。痩せたら星5になるでしょう。とにかく、アルテラさんね

玉藻ちゃん
北欧系の容姿に、褐色の肌。どこの国の方かわからない、ミステリアスな雰囲気と、圧倒的な実力を兼ねそろえた美人さんですね
凛さん
それは彼女が率いたフン族について、どこの民族かよくわかっていないからでしょうね。一応、モンゴル系の西匈奴が西に向かったという説が有力だけど、彼らが文字を持たなかったこともあって、よくわからないわ
玉藻ちゃん
モンゴルからヨーロッパまで攻め込んだとするなら、チンギスハンに匹敵しる大帝国を築いていたことになりまうね
凛さん
ところで玉藻、あなたはアルテラが何をした人なのか、知っている?
玉藻ちゃん
知ってますよ。ローマ帝国を破壊した人ですよね。ローマ人たちは強大なアルテラを恐れ〝神のムチ〟と呼んだとか。さすがの繁栄を謳歌したローマ帝国も、アルテラさんの前には屈した、ということですね
凛さん
違うわ。ローマは決してアルテラには負けなかった。ローマが滅んだのは、彼女のせいじゃない。というか、いつローマが滅んだかについてさえ、学者の中で議論があるくらいよ
玉藻ちゃん
ええ! そうなんですか? アルテラさんがローマ文明を破壊した、って思っていましたけど
凛さん
そもそも、ローマ帝国が滅んだ原因は、なんだと思ってるの?
玉藻ちゃん
ゲルマン民族の大移動のせいですよね?
凛さん
そしてそのゲルマン民族の大移動の原因は、もともと住んでいた場所をフン族に圧迫されたからなの
玉藻ちゃん
じゃあ、やっぱりローマを滅ぼしたのは、アルテラさんじゃないですか
凛さん
ところがそう単純じゃないの。この辺やややこしいので、きちんと順を追って説明するわね

ローマはいかにして滅んだか?

凛さん
まず375年、フン族に圧迫されたゲルマン人の部族たちがローマ帝国の領域内に住み着き、あちこちの王国を作ったりします。軍隊による征服ではなく、家族単位の移住でした。西ローマは弱体化しつつあった軍隊に代わって侵入してきたゲルマン人を、逆に傭兵として雇ったりして、必死で生き残りの努力を図ります
玉藻ちゃん
カオスな状況ですね。375年なので、みん(3)な(7)こ(5)まった大移動、と覚えましょう
凛さん
大雑把にいってアーサー王らが活躍する時代の少し前ね。この地図を見れば、いかにカオスな状況かわかると思うわ

玉藻ちゃん
西ローマ帝国の中に、いろんな国が・・・末期的ですねえ

凛さん
対するローマ帝国は395年、テオドシウス帝が、帝国を東西に分けます。当時の通信手段では、皇帝一人では広大な帝国の問題を迅速に対応することが不可能だったからね。東ローマの領土は、クレオパトラとアントニヌスの勢力圏とも重なるわ。でも、そもそもこれが最大の誤算だったのかもしれない

玉藻ちゃん
395年なので、ローマを二つに裂(3)く(9)誤(5)算、と覚えてくださいね。でも、なんで誤算だったんですか?
凛さん
この分割によって、豊かなエジプトやシリアといった地域が、西ローマから切り離されてしまいます。事実上、西ローマは切り捨てられてしまったの
玉藻ちゃん
どういうことですか? オクタビアヌスさんの時代だったら、西半分でも十分に豊かだったですよね?
凛さん
西ローマ地域の衰退の原因については、諸説あるわ。古典的な、ローマ人たちが繁栄を謳歌しすぎて人々がダメになったという精神論から、経済政策の失敗説、鉛中毒でダメになったという説まで、色々あるわ。どちらにせよ、この頃には東ローマの方が経済的にもずっと豊かな状態だった
玉藻ちゃん
ひょっとしたらクレオパトラさんの経済政策が、効いていたのかもしれませんね。彼女の時代から300年以上経ってますけど
凛さん
確かに、穀倉地帯であったエジプトから流入した安い小麦が、西ローマ地域を経済的に破壊したという説はあるわね
凛さん
東ローマは、エジプトやシリアといった豊かな領域に加え、鉄壁の防御力を誇る首都コンスタンチノープルの守りによってその後1000年以上永らえます。姿を変えながらも、日本の戦国時代くらいまで生き延びたの
玉藻ちゃん
すごいですね。で、西ローマはどうなっちゃったんですか?
凛さん
それからしばらくして、ハンガリーを中心に大帝国を築いていたアルテラ率いるフン族の大軍が攻め込みます。アルテラは、まず東ローマ帝国に攻め込み、東ローマ領域内を荒らし回ります
玉藻ちゃん
みこーん。東ローマ帝国さん、大丈夫ですか?
凛さん
しかし首都コンスタンチノープルのまで迫ったアルテラは東ローマ帝国の侵略をやめ、西ローマに向けて転進。東ローマ帝国は助かります
玉藻ちゃん
へー、どうしてアルテラさんは東ローマ帝国を攻めなかったんですか?
凛さん
東ローマは莫大な贈り物をして、アルテラにこう言いったのです。『これあげるから、こっち(東ローマ)くんな。あっち(西ローマ)行け』と(意訳)
玉藻ちゃん
みこーん(泣)、ひどい、ひどすぎます! 兄弟国に対して、なんという仕打ちなのでしょう
凛さん
しかもアルテラには絶好の口実ができました。西ローマ帝国の皇帝ウァレンティニアヌス帝の姉ホノリアが、政略結婚を嫌がり、よりによってアルテラに求婚の手紙を送ったのです。アルテラは結婚の持参金として、西ローマ帝国の領土の半分を要求します
玉藻ちゃん
持参金も、これまたとんでもないですねえ
凛さん
これを拒否した西ローマ帝国に、アルテラは攻め込みます。総兵力50万、空前の規模でした
玉藻ちゃん
ああ・・・いよいよ西ローマも終わりですね
凛さん
西ローマは最後の力をふり絞り、アルテラを迎え撃ちます。ローマの正規兵に加え、ケルト人の部隊、さらには西ローマ帝国の領域内に王国を築いていたゲルマン諸族とも同盟を結んで、派兵を依頼します
玉藻ちゃん
ゲルマン民族たちとも、西ローマは手を結んだんですか。玉藻ちゃんが思っていた歴史と、随分と違いますね
凛さん
西ローマ内に暮らしていたゲルマン民族たちも、自分たちをローマ人と考えていたからね。編成された西ローマ・ゲルマン連合軍を率いるのは、最後のローマ人とも言われる名将アエティウス。フランスのオルレアンを包囲していたアルテラ率いるフン族の大軍と、カタラウヌムで激突します。451年、東西民族の大激突でした
玉藻ちゃん
侵攻(45)に、一(1)致団結カタラウヌム、ですね
凛さん
アルテラの猛攻に、西ローマ・ゲルマン連合軍は必死で抵抗します。兵の質はカエサルの頃とは比較にならないくらいに下がっていましたが、カエサルやアグリッパといった優れた将軍たちが蓄積していた戦術は残っていました。それらをきちんと継承していた最後のローマ人ことアエティウスは、激戦の末アルテラを退けます
玉藻ちゃん
ローマには、長い歴史の間に培われていた知識がありますもんね。それが、新興のフン族との違いですね。やっぱ歴史のお勉強って大切ですねえ
凛さん
アルテラは自決を考えたほど追い詰められていましたが、西ローマにも追撃する力は残されていませんでした。そんなアルテラに西ローマはこう言います。『もうこっち(西ローマ)くんな、あっち(東ローマ)行け』(だいぶと意訳)
玉藻ちゃん
完全に疫病神扱いですね。その点で文明の破壊者というFGOの解釈は、確かに間違いではないですね
凛さん
そして言われた通り、アルテラは再び東ローマ侵攻を計画します
玉藻ちゃん
ちゃんと言いつけは守るんですねえ。妙なところが律儀で、FGOのアルテラさんの面影がありますね
凛さん
しかし侵攻の準備中、婚儀の祝宴の夜に急死します。カタラウヌムから2年後の、453年のことでした
玉藻ちゃん
西ローマも東ローマも、きわところで救われたのですねぇ。それにしてもアエティウスさん、お疲れ様です
凛さん
ところがアエティウスの名声を恐れた西ローマ皇帝ウァレンティニアヌスは、彼を暗殺してしまいます。怒ったアエティウスの部下の手によって、翌年ウァレンティニアヌスも暗殺されてしまいます。西ローマは再びカオスな状態に戻ったのでした
玉藻ちゃん
ああ、なんか残念な感じですね
凛さん
そして476年、西ローマのゲルマン人傭兵隊長オドアケルによって、皇帝が殺害されます。彼は西ローマ皇帝を名乗らずに、ゲルマン人の王を名乗ったこともあり、この年をもって、西ローマ帝国の滅亡の年とされています
玉藻ちゃん
皇帝が、死(4)んで南(7)無(6)南無、西ローマ。ですね。カタラウヌムの戦いからは20年以上経っていましし、アルテラさんによって西ローマ帝国が滅んだという解釈は、ちょっと無理があるかもですね。史上最悪の〝エンガチョ〟的存在だったのは事実ですけど
凛さん
ゲルマン民族の力を借りなければ、西ローマがオドアケルに滅ぼされることもなかっただろうけど、それだとアルテラには勝てなかったでしょうね
玉藻ちゃん
オドアケルさんはゲルマン人ですから、広い意味でゲルマン人の移動で滅んだという、定説の解釈も間違ってはいませんね。ああ、繁栄を誇ったローマ帝国も、ついに滅亡ですか。残念です
凛さん
東ローマ帝国なら、その後も1000年くらい生き残っているけど?
玉藻ちゃん
でもでも・・・東ローマ帝国は、ローマも地中海も支配していないですし・・・
凛さん
ところがどっこい。この後でローマ帝国は復活するのです。それも全地中海を統一する、強大な帝国としてね
玉藻ちゃん
ええ! そんな話聞いたこともありませんけど
ムスカ凛さん
『ローマは滅びぬ、何度でも蘇るさ。ローマの力こそ、人類の夢だからだ』
玉藻ちゃん
ム○カさんの名言ですね。でもそんな大変な事実が、なぜ知られていないんですか?
凛さん
FGOの英雄は誰も登場していないし、教科書でも扱いが難しい隙間の時代だからね
凛さん
というわけで次回は、新企画、次の英霊を最有力候補生。テオドラです
玉藻ちゃん
最有力候補生さんですか、それは期待ですねえ

玉藻ちゃんの年号ゴロ合わせ

・ゲルマン民族の大移動は375年なので、

『みん(3)な(7)こ(5)まった大移動』

 

・テオドシウス帝が帝国を東西分割したのが395年なので、

『テオドシウス、ローマを二つに裂(3)く(9)誤(5)算』

 

・アッティラと西ローマ・ゲルマン連合軍が激突したのがカタラウヌムの戦い(451年

『侵攻(45)、一(1)致団結カタラウヌム』ですね

・西ローマ帝国、オドアケルによって滅亡(475年)

・皇帝が、死(4)んで南(7)無(6)南無、西ローマ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です