通史1回目 古代メソポタミア(上)ゲート・オブ・バビロン

凛と玉藻ちゃんアルトリアたんと一緒に世界史を一挙に解説

凛さん
ここでは各サーバントの個別の説明ではなく、世界史全体を年代別に説明していこうと思います
玉藻ちゃん
個別キャラの紹介じゃないんですね。玉藻ちゃんで〜す。改めてよろしくお願いします
アルトリアたん
凛、私も参加しろとのことですが・・・
玉藻ちゃん
わ〜い、アルトリアさん、一緒に頑張りましょうね
アルトリアたん
ええ、もちろん・・・しかし私はタマモと違って年号も詳しくないですし、お役に立てるかどうか・・・
凛さん
ええ、もちろんセイバーも参加してもらうわ。セイバーには貴方にしかできない役割をお任せする予定だから、大丈夫よ。では早速いってみましょうか

 

古代オリエントの世界

凛先生

最初は、シュメール文明ね。人類最古の都市国家を作った人々とされているわ。場所としては、チグリス・ユーフラテス川の流域、現在の国名で言えばイラクね

玉藻ちゃん
ここは知っています。第7章の舞台であり、イシュタル女神の出身地でもありますね
アルトリアたん
むむむ、いきなり嫌な予感がします
玉藻ちゃん
アルトリアさんに絶賛求婚中の、ギルガメッシュ王が治めた土地ですからね

アルトリアたん
タマモ! その話はしないでください!
玉藻ちゃん
はーい。でもなんでここで文明が発達したのでしょうか?

凛先生

大きな理由が、その土地の豊かさね。チグリス・ユーフラテス川のおかげで、原始的な農法でも多くの収穫を期待できたの。その形から、肥沃な三日月地帯と呼ばれるわ。

アルトリアたん
ふむふむ。食料生産はもっとも大切ですからね

凛先生

シュメールにはウルウルクといった都市がありました。Fateで出てきたギルガメッシュはウルクの王ね。最初の王朝がウル第一王朝。彼らは楔形文字を使い、高度な文明を持っていました。現在でも使われている1週7日制60進法もシュメール人が考案したものね。多くの文明の起源が、シュメールにあると言えるわ。

玉藻ちゃん
まさに文明の『ゲート・オブ・バビロン』ですね。さすがギルガメッシュさんが治めた国です

凛先生

シュメール人の民族系統は不明。FGOのギルガメッシュが金髪で赤い目なのは、どこの民族なのかわからないことを表しているのでしょうね。シュメール人は最初から多くの技術や知識を持っていたので、宇宙人がシュメール文明を育てた、という説まであります。

玉藻ちゃん
ギルガメッシュさんも、ひょっとしたら宇宙人だったのかもしれませんね。どことなく人間離れしてますし、怪しいです
アルトリアたん
さすがの彼も、狐であるタマモに言われたくはないでしょうが・・・

凛先生

ちなみにギルガメッシュ王が本当に実在したのかは、よくわかっていないの。何しろ記録が古すぎるて・・・そして実在があやふやな王様は、試験には出にくいのよ

アルトリアたん
そこは私アーサー王と同じですね。無念ですが、仕方ないですね

凛先生

ただ彼を讃えたギルガメッシュ叙事詩は試験に出るわ。物語が成立していることは事実だからね。というか2018年のセンター試験で出題されたわ。そのあたりはセンター試験でFGOが出題!? 解説つきでも説明したわね。ギルガメッシュ王は出ないけど、彼のギルガメッシュ叙事詩は割と出題されるので、注意してね。

余談だけど、ギルガメッシュ叙事詩には大洪水の伝説もあるわ。

神エンキが人類に知恵を与えたことに怒った神エンリルが、大洪水を起こして人類を絶滅させようとしたんだけど、神エンキが人々が船を作って生き延びるように指示した、という伝説ね。

アルトリアたん
旧約聖書の『楽園追放』と『ノアの大洪水』の逸話と似てますね
玉藻ちゃん
聖書の起源まであるとは、おそるべし『ゲート・オブ・バビロン』。Fate zeroでは武器以外にもお酒とか入ってましたし、いろんな財宝の〝原点〟が収納されているのでしょうね

凛先生

ここからは勝手な推測だけど、ギルガメッシュなんて王様の名前は、世界史の授業でしか聞かない名前だから、原作者の奈須きのこ氏はおそらく世界史選択だったのでしょう。そして執筆した小説「フェイト・オリジン」のラスボスとして起用した。

玉藻ちゃん
きのこ先生が仮に日本史選択だったら、フェイトは無かったかもしれませんね

玉藻ちゃんの年号ゴロ合わせ

古すぎてよくわかんないので、試験で年号は出ないです。

そもそもシュメール語の解読自体が完全には進んでいないですしね

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です