通史4回目エジプト(中)

凛先生

前回はほとんどメジェド様の説明で終わってしまった感があるわね。

玉藻ちゃん
鬼楽百重塔イベントの攻略に時間がかかって更新が遅れてしまいました
アルトリアたん
・・・いいのですか? ここもゲーム攻略サイトのはずですが

凛先生

まあ今回は一週間限定の短期イベントだし、スルーして古代エジプトの説明をしましょう。

古代エジプト文明

凛先生

まず古代エジプト文明は、メソポタミア文明と同様、大きな川の麓で形成されました。こちらはナイル川の氾濫のおかげで、豊かな土壌が上流から流れてきたの。おかげで多くの収穫を期待できたわ。今でもエジプトの人口は一億近くて、この辺りでは最大規模の人口を有しているわ。ちなみに国土面積がほぼ同じ隣国リビアの人口は600万程度ね

玉藻ちゃん
へ〜、大国なんですね

凛先生

昔は、農業力=人口=国力、だからね。その辺りは米の収穫高(石高)で国力を測る江戸時代の日本と同じね。とりあえず、エジプトは穀倉地帯であり、古代からの大国だった。西と南が砂漠地帯で進入が困難なため、閉鎖的で守りやすい理想的な地理条件だった。

ニトクリス(偽メジェド様)

ふふん、私の国だから当然です

凛先生

ちなみに現時点でFGOで登場しているエジプトのファラオ(王)は

ニトクリス

オジマンディアス(ラムセス2世)

ダレイオス3世

イスカンダル

クレオパトラ

の5人ね。暗殺されてなかったら、カエサルも追加されたでしょうね。

玉藻ちゃん
イスカンダルさんだけ妙にいい顔をしているのは置いておいて、5人って結構多いですね〜

凛先生

それだけエジプトは豊かで、古来より重要なところだったということね

ニトクリス

ふむ・・・しかし、私をあの大ファラオであるオジマンディアス様より先に紹介するのはいささか不敬な気がしますが・・・

凛先生

そお? 一応年代順に並べてんだけど。つまりニトクリスの方がずっと先輩ということね。ニトクリスは、実在の可能性のある英雄の中では、ギルガメッシュに次いで古い存在ね。

玉藻ちゃん
オジマンディアスさんはニトクリスさんはもっと自信を持ってもいいと、いつも言ってますよ〜

古代エジプト文明とピラミッド

凛先生

と言うわけで、まずニトクリスが活躍したエジプト古王朝からね。古代エジプトはその時期から、古王朝、中王朝、新王朝の3つに分けられます。

古代エジプトといえばピラミッド、なんだけど巨大なピラミッドのほとんどは一番古い古王朝時代に作られたの

アルトリアたん
大きい方が古いとは、意外ですね
玉藻ちゃん
だから超古代文明が、エジプト古王朝に関与したと言うトンデモ説もありますね〜。アトランティスの末裔が築いた説。そもそもアトランティスの植民地だった説。宇宙人が作った説等があります

凛先生

一番大きくて有名なのがクフ王が作ったとされるギザのピラミッドね。

玉藻ちゃん
今ではクフ王のピラミッドからは、ケンタッキーフライドチキンのお店が見えるんですよね?
アルトリアたん
なんと、それは興味深い

凛先生

あんた達ねえ・・・ちなみにピラミッドはなんのための作られたのか知ってる?

玉藻ちゃん
お墓じゃないんですか?

凛先生

昔はそう言われていたけど、今はある種の神殿という説が有力ね。

古王朝の首都はメンフィス。古王朝の最後の女王がニトクリスさんね。すでに古王朝は政争によって末期的な状態あり、ニトクリスがファラオになった時は危機的な状況だった。エジプト初の女性ファラオということから察するに、傀儡的な存在だったのでしょう

玉藻ちゃん
お飾りにするつもりだったんでしょうね

凛先生

強力なエジプト魔術の使い手だったニトクリスさんは、魔術で兄弟王を殺した政敵を撃破。最後は政敵を地下に閉じ込め、ナイルの水を流して溺死させたといわれます

ニトクリス(アサシン)の宝具

玉藻ちゃん
その辺りは宝具で再現されていますね

凛先生

しかし時代の流れには逆らえず、ついには自害。彼女の死をもってエジプト古王朝は終焉したとされています。

アルトリアたん
あまり王らしくないそぶりでだったので疑問でしたが、本当に王だったのですね

ニトクリス

むう失礼な! ・・・まあ私の代で古王朝は終焉してしまったのは事実ですけど。

やはり同じファラオでもオジマンディアス様には遠く及びません。

アルトリアたん
いや、私も国を滅ぼしてますし・・・言い過ぎました
玉藻ちゃん
玉藻ちゃんなんか王朝をいくつも崩壊させてますから、平気ですよ〜

凛先生

・・・偶然、そういう人が集まっているわね。

話を戻すけど、混乱を抑えて成立したのが中王朝。首都はテーベね。

でも平和なエジプトに、外敵が侵入します。その名前はヒクソス。馬と馬車という新兵器をもつ彼らに、エジプト古王朝は滅亡するの。

ニトクリス

戦争に馬を使うとか卑怯です。せめてスフインクスにすべきです

アルトリアたん
その方が何倍も大変な気が・・・
玉藻ちゃん
第6章の悪夢を思い出します

凛先生

いったん服従したエジプト人は、ヒクソス達の隙をついて反乱を起こし、自分たちの王朝を再建します。それが新王朝。いよいよ次回、大ファラオのオジマンディアスが登場します。

 

おまけ エジプト王族の結婚について

凛先生

新王朝とオジマンディアスについては次回説明するとして、ここではエジプトの王族の風習についてね。ミイラで有名なツタンカーメン王の家系図なんだけど・・・

ウィキペディアより引用

玉藻ちゃん
一見、普通の家系図に見えますが?

アルトリアたん
いえ、よくみてください。なんかラインが多くないですか?

凛先生

点線が婚姻関係を表しているんだけど、兄妹や親娘のラインが多いのよ。いわゆる近親婚ね。

玉藻ちゃん
はへ〜、びっくりですね

凛先生

これは推測だけど、エジプトはファラオ=神だから、庶民の血を入れることが難しく、王族同士の近親婚がむしろ推奨されたの。この慣例はプトレマイオス朝まで受け継がれていて、有名なクレオパトラも息子カエサリオンと結婚していたりするわ。

玉藻ちゃん
あわわ〜

凛先生

もちろんカエサリオンは9歳だったから、クレオパトラもエジプトの慣例にしたがって形式的に結婚したのでしょうけどね。現代の価値観ではショッキングな話だから少女漫画(?)の題材としてたまに扱われるわ。試験で扱われることはまずないけど

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です