通史 エジプト編(下)オジマンディアス(ラムセス2世)とカデシュの戦い

凛先生

さて、古代エジプト3回目は、いよいよ新王朝時代に入ります。

前回は、ヒクソスと呼ばれる異民族の侵入により、エジプト中王朝が滅亡した話でしたね。その後、エジプト新王朝が起こり、ヒクソスを追い出します。

玉藻ちゃん
一度は負けちゃったけど、エジプト人たちが力を合わせて外敵を追い出したんですよね

凛先生

今までは砂漠と海に囲まれ防御に適したエジプトに引きこもりがちでしたが、ヒクソスの侵入もあってかエジプト新王朝は積極的に外征に出ます

特にトトメス3世の時代に、シリアやスーダンを征服するなど、新王朝は強盛を誇ります。

ニトクリス

ふふん、大国エジプトが本気を出せばこんなものです

凛先生

宗教的にも、大きな変化がありました。アメンホテプ4世は、それまでの多神教からアトン神の一神教の崇拝に切り替えるという宗教改革を行いました。神官たちが崇拝する怪しげ(?)な神の崇拝を禁止して、その力を削ごうとしたのです。

ニトクリス

ちょ! アトン神以外禁止って、メジェド様はどうなるのです!?

おみ足の美しいメジェド様

玉藻ちゃん
どう考えてもメジェド様は〝怪しげ〟な神様ですからね
アルトリアたん
タマモ(女神の怪しげな分霊)がそれを言いますか・・・

凛先生

太陽神ラーの崇拝すら禁止されたのですから、もちろん禁止でしょう。というかメジェド様が本当に神なのか悪魔なのか宇宙人なのか、そもそもただの落書きなのかはよくわかっていません。

玉藻ちゃん
まあ、あの絵ですからね

凛先生

アメンホテプ4世はさらに旧勢力の影響から逃れるために、都をアルマナに移します。ここで美しいアルマナ美術が発展しました。

凛先生

そこに、またしてもエジプトに外敵が侵入します。古バビロニアを滅亡させた古代最強の戦闘民族、ヒッタリトです。

ラムセス2世対ヒッタリト、古代の頂上決戦カデシュの戦い

凛先生

軍事大国ヒッタリトの侵攻に対し、エジプトは英雄を産んで対抗します。

それがオジマンディアスことラムセス2世でした。

ようやく出番がきたオジマンディアス

玉藻ちゃん
いよいよエジプト最大のファラオの登場ですね

凛先生

ラムセス2世はヒッタリトを撃つため、大軍を率いてカデシュに遠征。しかし軍事大国ヒッタリトは策謀によって、エジプト軍を翻弄。そして優勢な兵力でラムセス2世に決戦を挑みます。

兵力はエジプト軍が劣勢。しかもヒッタリトには古代のチート兵器である鉄器があります。エジプト軍勢は蹴散らされ、ラムセス2世らの旗本はヒッタリトによって完全に包囲されます。

アルトリアたん
むう・・・これはかなり危ない状況ですね

凛先生

大柄で自身も勇敢な戦士であったとされるラムセス2世は、部下を叱咤激励しながら決死の円陣を組み、ヒッタリトの包囲に対抗します。現存する、常人には引けないという強弓を用い、敵を狙い打ったのでしょう。とはいえ状況は絶望的、大国エジプトの未来は潰えたかに見えましたが、そこに援軍が駆けつけます。

なんと初戦で蹴散らされたエジプト軍が部隊を急再編し、王を救いに戻ってきたのでした。

逆包囲を受ける形になったヒッタリトは撤退し、戦いは痛み分けに終わります。軍事大国ヒッタリトと、互角に渡り合ったのでした。

玉藻ちゃん
ほえー、すごいですね

凛先生

大切なのはこの後ね。疲弊したヒッタリトとエジプトは、カデシュの条約を締結して和議を結びます。これは世界最古の平和条約だったの。

その後、ラムセス2世は芸術として名高いアブシンベル神殿を建造するなど、優れた業績を残します。また愛妻家であったらしく、史実でも妻ネフェルタリにぞっこんだったとか

玉藻ちゃん
これは女子力52万くらいありそうですね

「Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ」におけるオジマンディアス

凛先生

オジマンディアスはFate/Prototype 蒼銀のフラグメンツにも登場。ライダーとして太陽船やスフィンクスを乗りこなし、セイバー、アーチャー、ランサー、バーサーカーらを同時に相手して互角以上の戦いをするなど、1991年聖杯戦争ではぶっちぎりで最強とされる活躍を見せます。

ニトクリス

さすがはオジマンディアス様。

凛先生

FGOの第6章でもエジプトを率いるファラオとして君臨。獅子王ことアルトリア(大人)と互角の激突を繰り広げます。あのギルガメッシュが認める数少ない存在の一人です。

獅子王アルトリア・ペンドラゴン、もはやアホ毛はない

アルトリアたん
おお・・

出エジプト記とモーセ

凛先生

後ラムセス2世は旧約聖書で有名なモーセの時代の王様であったとも、モーセの乳母兄弟であったともされています。Fate世界ではネフェルタリ共々、モーセはオジマンディアスの大親友という事になっていますね。

というわけで、次回は預言者モーセとユダヤ人について説明したいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です