ヘブライ人とダビデ王

凛先生

さて、モーセに率いられたヘブライ人たちは、カナン(パレスチナ)の地に、王国を作ります、これがヘブライ王国ね。

玉藻ちゃん
やっと国を作ったんですね

凛先生

竪琴の名手でもあった羊飼いダビデは、初代ヘブライ王国のサウル王によって召抱えられます。

その頃、ヘブライ王国はペリシテ人と戦争の真っ只中でした。ペリシテ人の巨人ゴリアテによって、ヘブライ人は劣勢を余儀無くされていました。ゴリアテはその姿を見るだけで、兵の士気が砕かれるほどの、大男だったとされています。

玉藻ちゃん
有名な、ダビデとゴリアテのエピソードですね

凛先生

輸送の任務のためその場にいたダビデは、ヘブライ人の兵士を挑発するゴリアテに遭遇します。この挑発を聞いて奮起したダビデは、五発の投擲によって巨人ゴリアテを撃破。一躍時の人となります。

玉藻ちゃん
それがFGOの宝具になってますね

凛先生

ところがサウル王よりも高い名声を持つようになったダビデに王は警戒心を抱き、何度もダビデを殺そうとします。すでに王を圧倒する名声を有していたダビデでしたが、王と戦うのを避け、逃げることを選択します。

玉藻ちゃん
なんかディムレットさんとフィン王の関係を思い出しますね

凛先生

ある時、洞窟に隠れていたダビデの前に、たまたまサウル王が到来。ダビデの姿に気づかないサウル王を、ダビデ派の人々は殺すように言いますが、ダビデはサウル王の肩の埃を背後から取り除いただけで、サウル王はダビデに気づかずに洞窟からでてしまいます。

ダビデは何度も敵意のないことを示し、ついにサウル王の猜疑心を解くことに成功します。

アルトリアたん
理想的な王と騎士の関係に見えますね

凛先生

ところがサウル王はペリシテ人との戦いで、息子共々あっさり戦死。神託を受けたとされるダビデが後を次いで国王となり、エルサレムを陥落させて首都とします。

玉藻ちゃん
なんかよくできすぎている話な気がしますが、歴史はそんなものなのでしょう

凛先生

実際のところは、ダビデは実力で王位についたのが真実なのでしょうね。度重なる征服戦争にヘブライ王国の領土は拡大しますが、その手は血塗られていたため、ヤハウェを祀る神殿を作ることを咎められたほどとか。神殿は次王のソロモンの元で建設されます。

Fate世界におけるダビデ王

凛先生

さて、Fate世界におけるダビデ王の説明をするわね。

Fate/apocryphaの企画段階で登場しましたが、結局ボツになってしまいました。理由は不明ですが、おそらくあまりに強すぎたからではないかと思います。

保有予定だった宝具は、

・五つの石(ハメシュ・アヴァニム)ランク:C
・燔祭の火焔(サクリファイス)ランク:A
・契約の箱(アーク)ランク:EX

の三種。まず三つの宝具を持ったサーヴァント自体が異例ですね。最強クラスのアーサー王ことアルトリアも、アヴァロンを含めても2つ、イスカンダルも2つ、FateとFateZeroでは、二つ以上の宝具を持ったサーヴァントは登場しません

玉藻ちゃん
誰かさんをのぞいてね

しかも『契約の箱』はランクEX。その性能は箱に触れたサーヴァントを問答無用で消滅させるというとんでもないものであり、FGOでもヘラクレスの命10個を瞬く間に奪ったチート宝具です。

アルトリアたん
それは強すぎるでしょう

凛先生

FGOではついに味方キャラとして実装されますが、星3のサーヴァントとして弱体化。宝具も『五つの石』(ハメシュ・アヴァニム)だけになっています。

玉藻ちゃん
随分と弱体化しちゃいましたね

凛先生

彼の息子ソロモンが、第一部の事実上の〇〇〇だから、あんまり強くできなかったからじゃないかしら? いずれはアークを保有する味方キャラとして、子ソロモンと一緒に実装されるといいわね。

玉藻ちゃん
その時は星5サーヴァントの仲間入りですね

巨人ゴリアテについて

凛先生

最後に巨人ゴリアテについて。

記録では3メートルあったとされる巨人で、実在したのかは不明なんだけど、巨人伝説は世界中のあちこちにあるのよ。有名なのが北欧神話のタイタンね。

玉藻ちゃん
ギリシャ神話のギガンテスとか日本のダイダラボッチとか、あちこちで伝説が残っていますね

凛先生

これについては諸説あって、現生人類の前の猿人(人類より大柄)を指しているという説、武力ではなく知力や技術を有するものが権力者となったという事実を象徴としているという説等があります。

本当かどうかはわかんないけど、南極で発見された巨人が、有史以前にはあちこちに生息していたという説もあるわ。

玉藻ちゃん
へ〜、興味深いですね

凛先生

試験には絶対に出ないけど、面白い話だからいずれ番外編として扱うかもね。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です